和歌山県警察 Wakayama Prefectural Police

  • 文字サイズ
きしゅう君
〒640-8588
和歌山市小松原通一丁目1番地1
電話:073-423-0110
トップページ > 安全な暮らし|薬物・銃器犯罪と暴力団 > 薬物乱用は、"ダメ。ゼッタイ。"

注目情報

事業者の方へ

リンク

暴力団員に対する応対要領

応対の基本的心構え3カ条

  1. 毅然とした態度(恐れるな!)
    暴力団に対応する上で最も重要なことは、毅然とした態度で応対することです。
    暴力団員は、直接的に暴行、傷害を加えることは稀です。したがって、必要以上に恐れる必要はありません。

  2. 信念と気迫
    暴力団員は強い者には弱く、弱い者には限りなく強いので、暴力団には屈しないという強い信念と、対決する気迫を持って折衝に当たることが大切です。

  3. 冷静な応対
    暴力団員は、相手を挑発して失言を誘い、あるいは言葉尻をとらえて徹底的に糾弾し、無理難題を押しつけてきますので、挑発に乗らずに冷静に応対することが大切です。

応対の基本的心構え3カ条

  • 相手を確認すること
  • 用件を確認すること
  • 応対の人数、場所、時間は常に相手の優位に立つこと
  • 言動に注意すること
  • 理由なき書類は作成せず、署名、押印もしないこと
  • 相手の要求に即答や約束をしないこと
  • 第1次的にはトップは対応しないこと
  • 湯茶の接待をしないこと
  • 応対内容を詳細に記録すること
  • 機を逸せず警察に通報すること

警察、暴追センターへの通報、相談

  1. 警察への相談
    暴力団員等から不当な要求があった場合、「早い段階から」「どんな些細なことでも」警察に相談することを心がけましよう。

  2. 暴追センタ-への相談
    暴力団に関する相談は、暴追センターでも受け付けており、相談事項についての専門的な知識・経験を有する暴力相談委員が対応方針について助言しております。

  3. 相談等については、
    警察本部組織犯罪対策課 073-423-0110
    暴力団追放県民センター 073-422-8930(ダブルパンチでヤクザゼロ)
    までお気軽にお電話ください。

ページのトップへ戻る