トップページ > 相談と届出 > 雑踏警備業務における警備員の配置基準 > 「区域」の一例 > 花火大会警備

花火大会警備における「区域」の一例

~東京都「いたばし花火大会」の例~

(花火大会の概況)

  • 観客数は約14万人
  • 会場への最寄りの駅は高島平駅であり、観客の大半が同駅を利用するが、新高島平駅の利用者も多い。
  • 花火打上会場東には、国道が通る大橋が架かっており、多数の観客が通行する。
  • 土手は、南北が急斜面となっていて、通路である階段やスロープに観客が滞留しがちである。

(注)

(区域の区分の考え方)