トップページ > 相談と届出 > 警備員を配置することが必要と認める路線について(追加)平成30年4月1日から

警備員を配置することが必要と認める路線について(追加) 平成30年4月1日から

警備員等の検定等に関する規則第2条の表6に規定する、和歌山県公安委員会が道路における危険を防止するため検定合格証明書の交付を受けた警備員を配置することが必要と認める路線は下記のとおりです。

認定路線図

認定路線図PDF版

路線区間
一般国道24号 和歌山県の全域
一般国道26号 和歌山県の全域
一般国道42号 和歌山県の全域
一般国道370号 和歌山県の全域
  (一般国道24号との重用区間を除く。)
一般国道371号 橋本市柱本(府県境)から
同市清水212番1地先まで
一般国道424号 紀の川市打田588番4地先から
海南市沖野々30番3地先まで
県道粉河加太線 全域
県道和歌山橋本線 和歌山市堀止東一丁目2番33地先から
紀の川市貴志川町神戸437番1地先まで
県道新和歌浦梅原線 全域
(県道粉河加太線との重用区間を除く。)
県道和歌山停車場線 全域
県道和歌山海南線 和歌山市手平三丁目6番25地先から
同市紀三井寺756番1地先まで
県道和歌山野上線 和歌山市雑賀屋町東ノ丁71番地先から
同市田中町五丁目1番10地先まで
県道鳴神木広線 和歌山市田中町五丁目1番10地先から
同市鳴神1010番11地先まで
県道和歌山阪南線 全域
和歌山市道和歌浦中之島紀三井寺線 和歌山元寺町四丁目17番地先から
同市手平三丁目6番25地先まで