トップページ > 相談と届出 > 犯罪被害者支援室 > 被害者のための活動の紹介

被害者のための活動の紹介


和歌山県警察では、被害者の方の心情に配慮し、以下のような対応に努めています。

○ 女性被害捜査官制度

性犯罪の被害に遭った場合、男性の捜査員に被害の状況等を話すことは、 被害者の方にとって精神的な苦痛を感じるものです。

こうした精神的負担を軽減するため、性犯罪の被害者からの事情聴取や病院への同行、 実況見分の立会等は、原則として女性の警察官が行うこととしています。

○ 被害者連絡制度

警察では、被害者に必要な情報の提供を行っています。

犯罪被害を警察に届け出た場合、その後の捜査はどうなったのか、 犯人は捕まったのかなどが、被害者にとっては気に掛かるところです。

警察では、殺人・性犯罪・ひき逃げ事件等の重大悪質な犯罪について、

  • 捜査の状況
  • 被疑者の逮捕
  • 被疑者の処分結果

等に関して、事件担当捜査員から被害者へ連絡します。

また、ご希望があれば、交番勤務の警察官が防犯指導や周辺パトロールなどを行う、訪問・連絡活動も実施しています。

○ 被害者の手引き

事件の捜査はどのようにすすむのか、被害者は何をしなければならないのかといったことは、被害者にとっては分かりにくいところです。

警察では、こうした被害者の方の疑問に答えるとともに、被害者の方が利用できる制度や相談窓口を紹介するパンフレットを、殺人・性犯罪・ひき逃げ事件等の犯罪被害に遭われた方にお渡ししています。

○ カウンセリング公費負担制度

被害者は、犯罪による直接的な被害だけでなく、被害後、新たに生じる精神的被害にも直面しています。

被害者やご家族の方々がカウンセリングを希望された場合には、その費用の一部を公費で負担します。

○ 遺体搬送費用公費負担制度

犯罪被害により亡くなられた方のご遺体は、死因等を明らかにするために必要不可欠な捜査として司法解剖を行いますが、解剖後のご遺体の搬送について、被害者遺族のご希望に応じて遺体搬送を公費で行います。

○ 性犯罪被害者にかかる診察料等の公費負担制度

性犯罪被害者が医療機関に対し支払わなければならない初診料・診断書料・緊急避妊措置料等を公費で負担します。

犯罪被害給付制度

殺人や傷害などの人の生命又は身体を害する故意の犯罪行為により、不慮の死を遂げた方のご遺族や身体に重傷病を負い若しくは障害が残った方に対し、国が給付金を支給する制度です。

詳しい内容については

  • 和歌山県警察本部警察相談課 犯罪被害者支援室電話:073-423-0110 内線(2967・2968)
  • 最寄りの警察署(警務課)

まで、お問い合わせください。