フィッシング(phishing)詐欺にご注意

 フィッシング(phishing)詐欺とは、実在するクレジットカード会社や銀行などを装った内容のメールを無作為に発信し、メールの受信者に実在する企業の偽ホームページにアクセスさせて、そのページにおいて利用者のクレジットカード番号やID、パスワード等を入力させるなどして、不正に個人情報をだまし取る手口のことを言います。
 このような個人情報をだまし取るためのWebサイトは、実在する企業のWebサイトに似せたデザインになっていたりしますので、自分では気づかないままに個人情報等を送信する可能性があります。
 もしも、個人情報の入力をWeb上で求めるメールを受信したら、あなたの契約しているクレジットカード会社や銀行などへ問い合わせて確認すると良いでしょう。
 被害に遭われた場合はクレジットカード会社や銀行などへ連絡してクレジットカード等の利用停止を行った後、最寄りの消費生活センターや警察に相談しましょう。


※ 不審なメールには十分に注意しましょう!


フィッシングに関する相談、情報提供は

フィッシング110番(サイバー犯罪情報提供相談コーナー)

で受け付けています。


お知らせ情報に戻る