和歌山県警察署協議会規程

(最終改正:平成28年3月22日 和歌山県公安委員会規程第2号)
和歌山県警察署協議会規程を次のように定める。
(趣旨)
第1条 この規程は、警察法(昭和29年法律第162号。以下「法」という。)第53条の2、和歌山県警察署協議会条例(平成13年和歌山県条例第27号。以下「条例」という。)及び和歌山県警察署協議会に関する規則(平成13年和歌山県公安委員会規則第8号)に定めるもののほか、警察署協議会(以下「協議会」という。)の委員の委嘱、解嘱等に関し必要な事項を定めることを目的とする。
(委嘱)
第2条 公安委員会は、法第53条の2第3項の規定により委員を委嘱するときは、当該委員に委嘱状(別記様式第1号)を交付するものとする。
2 公安委員会は、前項の委嘱をしたときは、当該委員の氏名等を関係地域の住民に周知するため、適当な措置を採るものとする。
(解嘱)
第3条 公安委員会は、条例第3条第4項の規定により委員を解嘱するときは、当該委員に解嘱通知書(別記様式第2号)を交付するものとする。
(辞職)
第4条 委員は、辞職しようとするときは、辞職願(別記様式第3号)を公安委員会に提出するものとする。
2 公安委員会は、前項の辞職を承認するときは、辞職承認書(別記様式第4号)を交付するものとする。
(解嘱事由の通知)
第5条 協議会の会長は、当該協議会の委員が条例第3条第4項に規定する事由に該当すると認めるときは、公安委員会に対し、解嘱事由通知書(別記様式第5号)により通知することができる。
(議事概要の報告の徴収)
第6条 公安委員会は、協議会の会議が開催されたときは、当該協議会の会長に対し、議事概要の報告を求めることができる。

(別記様式省略)
メニューに戻る