「和歌山県警察本部大規模災害業務継続計画」の制定について(普通)

(制定:平成24年7月11日 備第300号)
和歌山県警察本部長から各所属長あて
(概要)
この計画は、東海・東南海・南海地震等の大規模災害が発生時した場合、職員の被災や施設の損壊など業務阻害要因に適切に対処しつつ、災害発生後概ね3日間(72時間)において、災害警備活動、優先的に継続すべき業務及び治安の確保に必要な業務を的確に継続していくために必要な事項を定めたものである。
(規定項目)
第1章 総則
第1節 総則
計画の目的、実施方針等、公表・周知、教養・訓練、点検・改善
第2節 想定する災害と被害想定
第2章 平素の措置
第1節 体制等
事前体制、業務継続実施責任者、業務継続実施副責任者、警察庁及び知事部局等関係機関との連携
第2節 非常時優先業務
業務の分類、大規模災害時における執務の方針、非常時優先業務の特定、非常時優先業務と人員計画、職務代行者の設定
第3節 備蓄・情報通信の確保等
備蓄等、情報通信の確保、電源の確保
第4節 職場における被害軽減対策
業務継続実施責任者等の任務、職場環境の整備
第5節 代替指揮所の整備
代替指揮所、備蓄・情報通信の確保等、訓練等
第3章 大規模災害発生時の措置
第1節 安否確認
職員等の安否確認、和歌山県警察緊急連絡システムによる安否確認方法
第2節 業務継続のための執務体制の確立
自主参集・招集、参集上の留意事項
第3節 執務体制
業務継続計画の発動等、指揮命令系統の明確化
第4節 業務継続のための執務環境の整備
庁舎機能の確保等、負傷者への対応
第4章 警察本部機能の移転
第5章 通常体制への復帰
メニューに戻る