和歌山県警察交通事故情報総合管理システム取扱要綱

(制定:平成18年12月8日 和歌山県警察本部訓令第22号)
和歌山県警察交通事故情報総合管理システム取扱要綱を次のように定める。
(目的)
第1条 この要綱は、交通警察業務の合理的かつ効率的な推進を図るため、和歌山県警察交通事故情報総合管理システム(以下「事故情報システム」という。)の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。
(構成等)
第2条 事故情報システムの構成等は次のとおりとする。
(1) 事故情報システムの構成
事故情報システムは、警務部情報管理課のサーバとデータ通信回線で接続された関係所属に設置されているデータ入出力装置(以下「端末装置」という。)で構成する。
(2) データの保存期間
データの保存期間は、端末装置からデータ入力(以下「登録」という。)をした年から5年間とする。
(対象)
第3条 事故情報システムの対象とする交通事故は、道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第1号に規定する道路上における人身事故又は物件事故とする。
(登録)
第4条 事故情報システムに係る登録は次のとおりとする。
(1) 登録の種類
ア 人身事故登録
人身事故の概要及び当事者情報に関する事項を登録するもの
イ 物件事故登録
物件事故の概要及び当事者情報に関する事項を登録するもの
ウ 交通事故統計原票登録
人身事故及び当事者情報の詳細に関する事項を登録するもの
エ 日報記事登録
広報用交通事故日報への登載に関する事項を登録するもの
(2) 登録担当者
登録は、交通事故の捜査に当たった警察官が行うものとする。
ただし、(1)のエについては、交通部交通企画課において行うものとする。
(3) 登録時期
ア 人身事故登録及び物件事故登録
交通事故の発生を認知したとき、登録するものとする。
イ 交通事故統計原票登録
別に定めるところによるものとする。
ウ 日報記事登録
広報用交通事故日報の作成時に登録するものとする。
 (対象事務)
第5条 事故情報システムによる対象事務は次のとおりとする。
(1) 交通事故統計・分析事務
警察庁への交通事故統計情報の報告及び交通事故統計・分析資料の作成に関する事務
(2) 交通事故事件の送致等支援事務
交通事故事件の送致書等の作成及び交通事故事件捜査の管理に関する事務
(3) 交通事故に係る運転免許の行政処分上申支援事務
人身事故用行政処分原票の作成及び運転免許の行政処分に関する事務
(4) 交通事故証明資料の提供事務
自動車安全運転センターが行う交通事故証明業務の交通事故資料提供に関する事務
メニューに戻る