警察術科技能検定規程

(最終改正:平成23年6月24日 本部訓令第15号)
(概要)
逮捕術、けん銃操法及び救急法は、警察官の職務を適正に遂行するために必要な技能であり、これらの技能に関する成果を確認することは、これらの普及徹底を図るために必要なことである。
本規程は、警察術科技能検定に関する訓令(昭和29年警察庁訓令第10号)に定めるもののほか、検定の手続き等についてこの規程で定めたものである。