和歌山県留置施設視察委員会に関する規程

(最終改正:平成28年3月22日 和歌山県公安委員会規程第2号)
和歌山県留置施設視察委員会に関する規程を次のように定める。
和歌山県留置施設視察委員会に関する規程
(趣旨)
第1条 この規程は、刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律(平成17年法律第50号。以下「法」という。)第21条、和歌山県留置施設視察委員会に関する条例(平成19年和歌山県条例第42号。以下「条例」という。)第2条及び和歌山県留置施設視察委員会に関する規則(平成19年和歌山県公安委員会規則第7号)に定めるもののほか、留置施設視察委員会(以下「委員会」という。)の委員(以下「委員」という。)の任命、解任等に関し必要な事項を定めるものとする。
(任命)
第2条 公安委員会は、法第21条第1項の規定により委員を任命するときは、任命状(別記様式第1号)を交付するものとする。
(解任)
第3条 公安委員会は、条例第2条第4項の規定により委員を解任するときは、解任通知書(別記様式第2号)を交付するものとする。
(辞任)
第4条 委員は、辞任しようとするときは、辞任願(別記様式第3号)を公安委員会に提出するものとする。
2 公安委員会は、前項の辞任を承認するときは、辞任承認書(別記様式第4号)を交付するものとする。
(解任事由の通知)
第5条 委員長は、委員が条例第2条第4項に規定する事由に該当すると認めるときは、公安委員会に対し、解任事由通知書(別記様式第5号)により通知することができる。

(別記様式省略)

メニューに戻る