トップページ > 安全な暮らし > 一戸建ての安全基準 > 自主防犯(ソフト対策)

一戸建て住宅の安全基準

具体的な防犯対策

9 自主防犯(ソフト対策)

  1. 自分の家だけは犯罪の被害に遭わないといった意識を持たない。
  2. 短時間の外出でも、ドアや窓ガラス戸の施錠を励行する。
  3. 外出時、玄関等のドアの錠を必ず所持する。
  4. 通用口(勝手口)は、常時施錠し、ドアチェーンを掛けておく。
  5. 玄関ドアには、常時ドアチェーンを掛けておく。
  6. ハシゴやゴミ箱を敷地内に放置しない。
  7. 新聞、郵便物や洗濯物の取り込みを励行する。
  8. 夜間、タイマースイッチで、屋内の電灯を自動的に点灯させるのも効果がある。
  9. 短時間の外出時にラジオやテレビをつけておくと効果がある。
  10. 自宅周囲の道路上や空地に、乗り捨てられた自転車や粗大ゴミなどを放置しない。
  11. 自宅周囲の落書きを放置しない。