トップページ > 安全な暮らし > 共同住宅の安全基準 > 塀・柵(フェンス)・垣

共同住宅の安全基準

具体的な防犯対策

1 塀・柵(フェンス)・垣

  •  塀・柵・垣は、道路等からの見通しを良くするとともに、侵入の足場とならないものとする。
  •  敷地出入口は、できる限り一箇所とし、人通りの多い位置や周囲からの見通しが良い位置に設置する。
  • 人が隠れられるような死角を作らない。