トップページ > 安全な暮らし > 共同住宅の安全基準 > 共用出入口

共同住宅の安全基準

具体的な防犯対策

2 共用出入口

  •  共用玄関は、周囲からの見通しが良い位置に配置する。
  •  共用出入口の扉には、オートロック方式を導入することが望ましい。
  •  共用玄関にオートロック方式を導入した場合には、共用玄関以外の共用出入口の扉にもオートロック方式を導入する。
  • 共用玄関の夜間照明は、50ルクス(10メートル先の人の顔・行動を明確に識別でき、誰であるか明確に分かる程度)以上の照度を確保する。
  •  共用玄関以外の共用出入口の夜間照明は、20ルクス(10メートル先の人の顔・行動が識別でき、誰であるか分かる程度)以上の照度を確保する。
  • 録画できる防犯ビデオカメラを設置するのが望ましい。また、防犯カメラ設置の表示をすることで更に効果が高まる。