トップページ > 安全な暮らし > 共同住宅の安全基準 > 自主防犯(ソフト対策)

共同住宅の安全基準

具体的な防犯対策

15 自主防犯(ソフト対策)

  1. 自分の住まいだけは犯罪の被害に遭わないといった意識を持たない。
  2. 短時間の外出でも、ドアや窓ガラス戸の施錠を励行する。
  3. 外出時、玄関ドアの鍵を必ず所持する。
  4. 玄関ドアには、常時ドアチェーンを掛けておく。
  5. 新聞、郵便物や洗濯物の取り込みを励行する。
  6. ハシゴやゴミ箱を敷地内に放置しない。
  7. 夜間、タイマースイッチで屋内の電灯を自動的に点灯させるのも効果がある。
  8. 短時間の外出時にラジオやテレビをつけておくと効果がある。