トップページ > 安全な暮らし > 共同住宅の安全基準

共同住宅の安全基準

共同住宅の防犯環境設計

  施設の強化 接近の制御 領域の確保 見通し・監視性の確保
道路等からの見通しが良い
塀・柵等の設置
   
常夜灯の配置    
敷地出入口を一箇所とする    
補助錠の設置(ツーロック)    
不正解錠に強い扉・錠    
防犯ガラス、面格子等    
録画できる防犯ビデオカメラ  
警備会社の防犯警備システム  

複数の防犯対策をバランス良く取り入れるのがポイントです。