トップページ > 安全な暮らし > 許さない!卑劣な性犯罪

許さない!卑劣な性犯罪

「レイプ」なんてドラマの中だけ」、「私は被害にあわないから大丈夫」などと思っていませんか?

性犯罪は、個人の人格と尊厳を踏みにじる、極めて悪質な犯罪です。

被害にあわないために

甘い言葉にのらない

知らない人から「家まで送ってあげよう」「ドライブしませんか」などと言われても、決して言葉に惑わされないように。甘い言葉の裏側には、落とし穴が待っています。

暗い夜道の一人歩きは避ける

夜、帰宅が遅くなったときは、明るい道を通るか、また、家族に迎えに来てもらうか、タクシーなどを利用しましょう。

戸締りを確実にする

マンションの2階だから、3階だからといって安心しないこと。玄関だけでなく、ベランダの窓なども確実に鍵をかけましょう。

帰宅して、玄関に入るときは周囲の点検をする

あなたが玄関を入るときに、潜んでいた犯人が一緒に室内に入ってくることもあります。

自宅に着いたからといって安心せず、玄関を入るときは周囲を確認しましょう。

訪問者に身分と用件を確認する

チャイムが鳴っても、すぐにドアを開けないで、ドアスコープなどで相手を確認しましょう。

ドアチェーンの活用も有効です。

カーテンを閉めてから着替えをする

自宅と思って気を抜かないこと。カーテンを閉めて外部から見えないように着替えをしましょう。

グループで登下校する

できるだけ友達などと一緒に登下校しましょう。

お母さんへ

もしも痴漢の被害にあったら

道で襲われたら

大声を出して助けを求めましょう。

とっさの場合は、付近の家やコンビニに助けを求めましょう。

エレベーター内で襲われたら

非常ボタンを押し、助けを求めましょう。

電車で痴漢に襲われたら

「やめてください!」とはっきりと言いましょう。

声を出せない場合は場所を移動しましょう。

痴漢にあわなくても、おかしいと思ったら110番

夜、一人で歩いていると後ろから誰かがつけてくるなど、「おかしい!」と思ったら、迷わず110番してください。

もしもレイプの被害にあったら

「恥ずかしくて言えない」、「他人に知られたくない」、「警察に届出をしたら、どうなるのだろう」などの不安や迷いがあると思います。

警察では、希望により女性警察官が対応します。

また、警察では、被害者の方への配慮として様々な制度を実施しています。

あなたの秘密やプライバシーが外部に漏れることはありません。安心して届出してください。

あなたの勇気が、新たな性犯罪の防止につながります

被害にあわれた方は、悩まず110番通報するか、最寄りの警察署・交番に届け出をしてください。


性犯罪の犯人は、捕まるまで同じことを繰り返し、犯行もエスカレートしてきます。

犯人を捕まえるには、被害にあった方の届け出が必要です。あなたの相談・届け出が、事件の早期解決や性犯罪の未然防止につながります。

一人で悩まないで まず相談を!

相談される場合はこちらまで


警察本部警察相談課(直通)

073-423-1150(短縮ダイヤル#8103)

または各警察署まで

【土日、祝日及び夜間(9:00~17:45以外)は警察本部当直で対応しています】