トップページ > 安全な暮らし > 少年サポートセンター > フィルタリング

フィルタリング

今やなくてはならないインターネットは、パソコン、携帯電話、スマートフォンばかりでなく、タブレット端末や携帯ゲーム機にも

機能が組み込まれており、すでに子どもたちはインターネット社会の中にあります。

インターネットは様々な情報を入手できますが、子どもにとって有害な情報もたくさんあります。

インターネット有害情報は、子どもの健やかな成長をゆがめてしまう誤った情報や、子どもを犯罪被害に陥れる罠、犯罪へ誘う罠が多く仕掛けられています。

知識や経験に乏しく未熟な子どもは、インターネットに潜む危険や罠にはまりやすく、注意が必要です。

でも、インターネットの中は、子どもたちを見守る善意の目が行き届きにくく、注意の声をかけにくい世界です。

 どのようにして子どもたちを犯罪などの危険や罠から身を守りますか?

子どもをインターネットの有害情報から守る手段としてフィルタリングがあります。

フィルタリングは、有害な情報が子どもに届かないようにする仕組みです。

フィルタリングは子どもを有害情報から守るための有効な手段であり、

保護者には子どもを有害情報から守る義務があると法律で定められています。

フィルタリングの便利性、安全性、機能性は日々進化しています。

保護者の皆様、子どもたちを守ってくれるフィルタリングをかけましょう。

携帯電話、スマートフォンのフィルタリングの設定

・・・携帯電話通信会社又は販売店へお尋ねください。

※ 携帯電話販売事業者には、青少年の携帯電話にフィルタリングをかけて提供する義務があります。

パソコン、タブレット端末、ゲーム機のフィルタリングの設定

・・・製造元や販売店へお尋ねするか、市販のフィルタリングソフトをご検討ください。

インターネット等を通じた少年の犯罪被害例

  • 事例1  ~女子高生が、女子高生になりすました男に裸の写真をメール送信~
  • 事例2  ~インターネット上に女子中学生の裸の写真が流出~
  • 事例3  ~インターネットで知り合った男のため、女子中学生が援助交際~