トップページ > 安全な暮らし > 少年サポートセンター > 非行防止教室 > 実施要領

非行防止教室「キッズサポートスクール」実施要領

1.趣旨

最近の少年非行の要因として、少年自身の規範意識の低下が指摘されています。また、和歌山県においては、何らかの犯罪行為を犯す少年の低年齢化が進んできています。

このような現状を踏まえ、少年サポートセンターと教育委員会、小・中学校が連携し、社会規範教育として、公徳心を持って法や決まりを守り、「正しく判断し、行動できる子」を育成するための「非行防止教室」を実施しています。

2.目的

法律や決まりを守らずに行動することは、家族や周囲の人に大きな迷惑をかけるとともに、自分の将来にも悪影響を及ぼすことを理解させ、児童生徒一人ひとりの規範意識を高めることを目的としています。

3.実施内容

実施対象児童・生徒

○小学校2年生(低学年)、5年生(高学年)
※同一校における2年生、5年生での実施は可能です。
※両学年での授業を希望する場合、同一日での実施を基本とします。
○中学校1年生

実施期日

○5月中旬~翌年2月中旬(土曜・日曜・祝日は除く)
※夏休み期間中の実施も可能です。
※実施日や当該校との協議の上決定します。
※申し込み多数の場合、実施できないことがあります。

実施方法

○少年サポートセンター職員が授業に参加し、担任と協力しながら学級単位で実施します。
○実施にあたり使用するテーマは次の通りです。
小学校2年生
(低学年)
小学校5年生
(高学年)
中学校1年生

進行方法例

○申し込み時に、TT(ティームティーチング)又はGT(ゲストティーチャー)のいずれかを選択してください。
※TT:担任とサポートセンター職員との役割分担による授業
※GT:主にサポートセンター職員による授業
(A)TTまたは授業参観の場合
(T1担任)
学校での打ち合わせを実施する
(B)GTの場合
(T1サポートセンター職員)
電話での打ち合わせを基本とする
実施日当日、学校での打ち合わせ:校長・教頭・担任等とサポートセンター職員

サポートセンター職員がパネルを用いて紙芝居方式で物語を展開します。担任が各場面に登場した人物の行動について、児童生徒に考えを発表させます。

サポートセンター職員がパネルを用いて紙芝居方式で物語を展開し、各場面に登場した人物の行動について、児童生徒に考えを発表させます。

授業のまとめ:サポートセンター職員・担任

授業終了後、パネルと同内容のシート及び保護者用・児童生徒用アンケート用紙を配布します。

保護者用・児童生徒用アンケートについては後日、サポートセンター職員が回収します。

その他

○アンケート回収後、サポートセンター職員が以下のものを授業実施校に配布します。

4.申し込み方法

市町村立小・中学校、義務教育学校は各市町村教育委員会を通じて、国立小・中・支援学校、県立中学校及び私立小・中学校は直接、少年サポートセンター宛てにお申し込み下さい。

様式ダウンロード

(様式は、和歌山県警察本部生活安全部少年課少年サポートセンターにおいても配布しております。)

申し込み先

和歌山県警察本部生活安全部少年課少年サポートセンター
〒640-8588 和歌山市小松原通一丁目1番地1
電話:073-423-0110(内線3067番)