トップページ > 安全な暮らし > 少年サポートセンター > 児童虐待防止

児童虐待防止

児童虐待は家庭内で起きることが多く、加害者がいなければ生活できない、弱い立場にある子どもからの自主的な被害申告は望みにくいのが現状です。

このため、児童虐待は潜在化しやすく、早期発見が難しい犯罪となっています。

また、反復・継続する傾向が強く、虐待を受けている子どもに重大な被害をもたらすおそれがあります。

児童虐待防止法(児童虐待の防止等に関する法律)による虐待の定義

保護者がその監護する18歳に満たない児童に対して行う次のような行為

身体的虐待

児童の身体に傷をつけたり、傷をつけるおそれのある暴行を加えること

性的虐待

児童にわいせつな行為をしたり、わいせつな行為をさせたりすること

怠慢又は拒否(ネグレクト)

児童の心身の発達を妨げるような著しい減食や長時間の放置、保護者以外の同居人による虐待行為の容認、そのほか保護者としての監護を著しく怠ること

心理的虐待

児童に対する著しい暴言や著しく拒絶的な対応のほか、家庭における配偶者間の暴力的環境での生活など、児童に著しい心理的苦痛を与えること

児童虐待発見のポイント

子どもの様子
  • 病気ではないのに低身長・低体重である
  • 衣服や体が汚れている、季節に合わない衣服を着ている
  • 説明のつかない新旧のケガや傷跡がある
  • 家に帰りたがらず、夜間に出歩く
  • 暴力的、攻撃的で、他の友だちに乱暴する、動物虐待する
  • 人に怯え異常におどおどした様子、緊張した様子を見せる
  • 無表情で、転んだりケガをしても助けを求めようとしない
  •  
  • 学校、幼稚園等に欠席が多い
  • 学校給食をむさぼるように食べる、何度もおかわりをする
  •  
  • 不自然に保護者に密着している、保護者の顔色をうかがう、保護者の意図を察知して行動する
  • 保護者の顔色をうかがう、保護者の意図を察知して行動する
  • 言葉のおくれ、多動、爪噛みが認められる
  • 頻繁に万引きする
保護者の様子
  • 子どものケガや病気について、説明があいまい又はつじつまが合わない説明をする
  • 子どもに無関心で、無視したりバカにしたような態度をとる
  • 年齢にそぐわない厳しいしつけを行っている
  • 必要以上に行動を制限する
  • 大人が不在で、幼い子どもだけが家にいる
  • 配偶者とのケンカが絶えない
生活環境の様子
  • ゴミが散乱していた異臭がするなど、家庭内が著しく不衛生
  • 長期間、理由不明の不在が続いている
  • 子どもがケガをする不自然な事故が繰り返し起きている
  • 昼夜を問わず保護者の怒鳴り声が聞こえる

児童虐待が疑われる子どもを発見の際は、迷わず通報をお願いします。


些細なことでもかまいません。あなたの勘違いであれば、それにこしたことはないのです。

子どもは地域の宝。子どもの明るい未来のため、地域で子どもを守り育てましょう。