トップページ > 安全な暮らし > 店舗・事業所の安全基準 > 出入口

店舗・事業所の安全基準

具体的な防犯対策

1 出入口

(1)ガラス引き戸(自動ドア)

  •  ガラスの周囲の框(かまち)は、破壊に強い材質・構造のものとする。
  •  防犯ガラスなど破壊に強いガラスを使用する。
  •  下框には、扉持ち上げ防止金具を取り付ける。
  •  通用口がある場合は、客用出入口は屋内錠とする。
    • ※ 客用出入口の外側に鍵穴を設けない。
  •  シャッターを併設する。
    • ※ パイプシャッターは屋内側に設置し、マグネットスイッチ、ガラス破壊センサーを取り付ける。また、常時(閉店後も)照明を点灯する。
    • ※ シャッターは、外錠の他に内側に補助錠を取り付けるか、外錠を二重に取り付ける(ワンシャッターツーロック)。
    • ※ シャッターの中柱は、引き出されないように、錠付き中柱を使用する。
    • ※ 電動式の重量シャッターは、効果的である。また、閉店後、電源を切ると更に効果がある。
    • ※ 電動シャッターの屋外スイッチボックスは、強化スイッチボックスなど破壊に強いものとする。

(2)開き戸

  •  通用口は、できる限り周囲から見通しの良い位置に設置する。
  •  ドアや錠は、ピッキング・カム送り解錠(バイパス解錠)・サムターン回しなどの不正解錠や破壊に強いものとする。
    • ※ 錠のカンヌキが外側から見える場合は、ガードプレートを取り付ける。
    • ※ 錠は、CP錠(財団法人全国防犯協会連合会がCP認定制度に基づき認定した錠)などを使用する。
    • ※ 錠シリンダーは、CP-C錠(財団法人全国防犯協会連合会がCP認定制度に基づき認定した錠シリンダー)などを使用する。

  •  主錠と同様の高い防犯性を有する補助錠を取り付ける(ワンドアツーロック)。
  •  ちょうつがいは、軸(ヒンジピン)が容易に抜けないものを使用する。
    • ※ ドアボスは、扉のちょうつがいを外して侵入される手口に効果的である。
  •  ドアスコープとインターホンとテレビドアホンを取り付ける。
  •  ドアに郵便受けを設ける場合は、容易に破壊され、受け口から手を差し込まれたり、屋内を覗かれないものとする。
  •  明かり取りガラス部は、錠付近に設けないのが望ましい。