トップページ > 安全な暮らし > 店舗・事業所の安全基準 > 非常階段

店舗・事業所の安全基準

具体的な防犯対策

4 非常階段

  •  屋外の非常階段の手すり・腰壁は、転落防止又は構造上支障のない範囲で、周囲からの見通しの良い構造・形態とする。
  •  20ルクス(10メートル先の人の顔・行動が識別でき、誰であるか分かる程度)以上の照度を有する常夜灯を設置する。