トップページ > 安全な暮らし > 店舗・事業所の安全基準 > 自主防犯(従業員等の防犯行動基準)

店舗・事業所の安全基準

具体的な防犯対策

11 自主防犯(従業員等の防犯行動基準)

  •  防犯責任者を定め、アルバイトを含めた全従業員に対する防犯意識の高揚を図る。
  •  終業時には、屋内の扉・窓を含めて、施錠を徹底する。
  •  夜間・休日には、多額の現金を事務所に置かない。
  •  閉店後は、高額商品をショーケースに入れたままにせず、防盗金庫に収納する。
  •  ショーウィンドーは、閉店後も照明を点灯する。
  •  近隣住民等との連携を醸成し、夜間等における不審者、物音を見聞きした場合の早期通報(110番)協力体制を確保する。