トップページ > 和歌山の警察 > 通信指令システムの紹介

通信指令システムの紹介

はい、110番です。

県民の安全と快適な暮らしを守るため、和歌山県警察では、最新のコンピューター技術を使用した「通信指令システム」を導入しています。

110番通報は、「通信指令システム」を使ってスピーディーに、的確に処理します。

110番通報の流れ

110番通報

110番通報は、全て警察本部にある「110番受付台」で受理します。(ただし、県境付近から携帯電話等で通報された場合、隣県等の警察につながる場合があります。)

110番受付台では、画面に表示される事件事故の発生場所付近の地図を見ながら、警察官が必要なことを順番に質問します。

無線で警察官に指令

110番受付台のそばにある「無線指令台」では、パトカーなどの現在位置と活動状況を常に把握しており、110番受付台で受理中の事件・事故の内容に合わせて、迅速に指令を行います。

現場急行

指令を受理した警察官やパトカーが、犯人の逮捕やけが人の救助、事件の解決のため、現場に急行します。

緊急配備と陸・海・空からの捜査

犯人が逃走している場合などには、主要道路等に警察官を特別に配備する、緊急配備を発令する場合があります。緊急配備システムにより、犯人検挙に最も効果的な配備網が自動的に表示され、その内容に従って無線指令を行います。

緊急配備を指令された警察官は、配備場所に急行し、動静監視や通行車両の検問などを行います。

犯人の逃走方法などに合わせて、パトカーや白バイ以外にも警備艇・ヘリコプターなどを使い、陸・海・空から大捜査網を展開します。

犯人検挙

皆様の早い110番通報が、事件解決・犯人検挙につながります。