試験の方法及び内容

平成28年度は下記のとおり実施しました。

第1次試験
  • 教養試験  公務員として必要な一般知識及び能力についての筆記試験(択一式50問)
  • 適性検査  職務遂行上必要な適性についての検査
           (検査結果は、第2次試験及び第3次試験における面接試験の参考資料とします。)
  • 身体検査  職務遂行上必要な身体的条件を有するかどうかについての検査
  • 資格加点  下記表に掲げる対象資格を有し、所定の申込み手続を行った受験者を対象とした加点制度
  • ※ 平成29年度試験における資格加点制度表
第2次試験
  • 面接試験  人物、能力、性格等についての個別面接
  • 体力試験  職務遂行上必要な体力についての試験
           (立幅跳び、上体起こし、腕立伏臥腕屈伸、時間往復走、往復持久走)
  • 論・作文試験  一定のテーマによる識見、表現力、判断力等についての記述試験
             論・作文試験の採点は、第3次試験で行います。)※警察官B区分は作文となります。
  • 適性検査  職務遂行上必要な適性についての検査
  • 身体精密検査  職務遂行上必要な健康度を有するかどうかについての検査
第3次試験
  • 面接試験  人物、能力、性格等についての個別面接
  • 身体検査及び身体精密検査の基準
  • 身長
    「男性 おおむね160cm以上」「女性 おおむね150cm以上」
    体重
    「男性 おおむね47kg以上」「女性 基準なし」
    視力(男女共通)
    両眼とも裸眼視力が0.6以上または矯正視力が1.0以上あること
    色覚(男女共通)
    職務遂行に支障がないこと
    その他(胸部疾患、伝染性疾患、心臓疾患等の有無、聴力等)(男女共通)
    職務遂行に支障がないこと
    上記検査項目のうち、身長、体重及び視力については、いずれか一つでも合格基準を下回る場合に、色覚及びその他については、いずれか一つでも職務遂行に支障があると認められる場合には不合格となります。

第1次試験、第2次試験及び第3次試験の合格者は、各試験種目の総合得点順に決定します。ただし、各試験種目(第1次試験の適性検査を除く。)には合格基準があり、一つでも基準に達しないものがある場合には、総合得点が高くても不合格となります。また、資格加点については、教養試験の合格基準を満たさない者には加点しません。