トップページ > 交通情報 > 普通免許試験手続きについて

普通免許試験手続きについて

普通免許を取得するには、公安委員会指定の自動車教習所へ入校する方法と、届出教習所で教習を受けている方などの、いわゆる「飛び入り受験」の方法があります。

  • 公安委員会指定の自動車教習所を卒業した場合は、技能試験が免除され、試験場で適性試験と学科試験を受けるだけです。
  • 「飛び入り」の場合は、普通仮免許の学科、適性及び技能試験に合格し仮免許証の交付を受け、5日以上でかつ10時間以上の路上練習(受験する日から過去3ヶ月以内のもの)を経た上で普通本免許の学科、適性及び技能試験を受ける必要があります。

飛び入り試験の受験手続き

予約制。事前に電話もしくは交通センターにおいて予約をする。ただし、当日の予約はできません。

仮免許受験の場合

○必要書類
  • 運転免許申請書
  • 写真2枚(ポラロイド不可)
  • 運転免許証
  • 住民票(本籍地が記載されているもので、運転免許証を取得している方も必要です。)
    外国人の方は、国籍等を記載した住民票(仮住民票記載事項通知書は不可です。)
  • 届出教習所で教習を受けている方は教習原簿
  • 本人の確認できるもの(保険証、パスポート、住基カード、官公庁発行の免許証又は許可証、学生証等)
○試験

学科試験、適性試験、技能試験を受けて合格すれば仮免許証が交付されます。

○手数料
  • 受験手数料  2,850円
  • 試験車使用料 1,550円
  • 交付手数料  1,100円

本免許受験の場合

○必要書類
  • 運転免許申請書
  • 写真1枚(ポラロイド不可)
  • 仮免許証
  • 運転免許証

    運転免許証を取得していない方は、住民票(本籍地が記載されているもの)

    外国人の方は、国籍等を記載した住民票(仮住民票記載事項通知書は不可です。)

  • 路上練習申告書又は届出教習所の教習原簿
  • 本人の確認できるもの(保険証、パスポート、住基カード、官公庁発行の免許証又は許可証、学生証等)
○試験

学科試験、適性試験、技能試験を受けます。

試験に合格しても、普通車講習と応急救護処置講習を受けなければ免許証は交付されません。(ただし、現に大型二輪免許又は普通二輪免許を取得している方及び医師等の資格のある方は、応急救護処置講習が免除されます。)

○手数料
  • 受験手数料  2,200円
  • 試験車使用料   900円
  • 交付手数料  2,050円

住所地が他府県の方は

届出教習所で教習を受けている方で、他府県に住所地がある方は、仮免許を取得した後、普通本免許の技能検査(技能試験にかわるもの)を受けることができます。

この検査で自動車を運転するのに必要な技能を有していると認められた場合は、その旨を証する書面が交付されます。

検査合格後の受験手続きは、住所地を管轄する公安委員会で行ってください。

○必要書類
  • 技能検査申請書
  • 写真1枚(ポラロイド不可)
  • 仮免許証
  • 運転免許証

    運転免許証を取得していない方は、住民票(本籍地が記載されているもの)

    外国人の方は、国籍等を記載した住民票(仮住民票記載事項通知書は不可です。)

  • 届出自動車教習所教習受講証明書
  • 教習原簿
  • 本人の確認できるもの(保険証、パスポート、住基カード、官公庁発行の免許証又は許可証、学生証等)
○手数料
  • 普通自動車仮運転免許取得者に対する検査  3,850円
  • 試験車使用料   900円

身体に障害(病気等)がある方で、免許取得を希望する人は、事前に運転免許課に相談してください。

和歌山県警察交通部運転免許課 TEL 073-473-0110