トップページ > 交通情報 > 運転免許の自主返納(申請取消)

運転免許の自主返納(申請取消)

 高齢で運転する必要がなくなったり身体機能の低下等により、自主的に運転免許を返納する手続の案内です。

申請ができる方

  運転免許を自主返納しようとする本人に限ります。(代理人での申請はできません)

申請ができる期間

  運転免許の有効期間内に限ります。

  ※ 有効期限が過ぎた方の免許では、手続きができませんのでご注意ください。

自主返納の内容

  取得している全部の免許種別を自主返納(申請取消)した方は、運転経歴証明書の交付申請を同時にすることもできます。

  ※ 取消を申請した日から5年以内であれば運転経歴証明書の交付を申請することができます。詳しくは、運転経歴証明書のページをご覧ください。

自主返納の申請場所及び受付時間等

申請場所受付時間
交通センター
田辺運転免許センター
新宮運転免許センター
平日午後2時30分~午後3時30分
県内各警察署 平日午前9時~午後0時/午後1時~午後4時30分

※ 土曜日、日曜日、祝日、休日及び年末年始(12月28日~1月3日)は、受付をしていません。

自主返納の際に必要なもの

  運転免許証

  ※ 免許証に記載の住所等に変更のある方は記載事項の変更が必要ですので、記載事項変更のページをご覧ください。

  ※ 運転経歴証明書の交付申請を同時にする場合は、運転経歴証明書のページもご覧ください。

注意事項

  ○ 運転免許の行政処分(取消・停止)対象となっている方は自主返納ができません。

  ○ 運転免許の自主返納は、申請者の意思を必ず確認する必要がありますので、代理人等による返納はできません。

  ○ 申請によって自主返納した運転免許は、その後において復活することはできません。