トップページ > 交通情報 > うっかり失効・やむを得ず失効・一定の病気に該当すること等を理由に免許を取り消された方が再取得する場合の手続き

うっかり失効・やむを得ず失効・一定の病気に該当すること等を理由に免許を取り消された方が再取得する場合の手続き

~運転免許証の更新(かきかえ)は忘れないように~

失効からの期間で変わる交付方法

免許を失効して6ヶ月以内の場合

6ヶ月以内の場合は、「うっかり失効」と「やむを得ず失効」の場合があります。

「うっかり失効」というのは、更新手続きを忘れていた場合で、6ヶ月以内に手続きを行い、適性試験に合格し、講習を受講すれば免許証が交付されます。

「やむを得ず失効」というのは、傷病、海外渡航、身体拘束等のやむを得ない理由で更新手続きができず、有効期限が過ぎてしまった場合で、6ヶ月以内に手続きを行えば免許の経歴が継続していたとみなされるため、やむを得ない理由を証明する疎明資料が必要となってきます。この場合も、適性試験に合格し講習を受講すれば免許証が交付されます。

免許を失効してから6ヶ月を超え1年を経過しない場合

6ヶ月以上1年以内の「うっかり失効」の場合、持っていた免許証の種類に応じ、大型仮免許証、中型仮免許証、普通仮免許証のいずれかを適性試験のみで交付されます。

病気等を理由に免許を取り消された方が、その後、その病気等の回復により免許を再取得する場合

取消の対象になった病気等が回復(医師の診断による)した場合、その方の免許が取り消された日から3年以内であれば、適正試験に合格し、講習を受講すれば、免許証が交付されます。

※再取得の前に、必ず医師の診断書の提出が必要です。取り消された免許を受けた日から取消しを受けた日までの期間と、再取得した免許期間は継続していたものとみなされます。

免許を失効して6ヶ月を超え3年を経過しない場合

傷病、海外渡航、身体拘束等のやむを得ない理由で更新手続きができなかった場合は、「やむを得ず失効」となります。ただし、その理由が免許証の有効期間内及び失効後6ヶ月以内に発生したもので、かつ、その理由が止んでから1ヶ月以内に手続きを行わなければなりません。適性試験の合格と講習の受講で免許証は交付されます。

※ 外国の行政庁の免許証の交付(有効免許もしくは期限が切れて6ヶ月以内)を受けている方で取得後その国で1年以上の滞在が証明できる場合は、初心運転者義務が免除される場合があるので、外国免許証を持参してください。1年以上の滞在がパスポートで確認できない場合は、取得証明が必要となってきます。失効した免許を受けていた期間と、再取得した免許期間は継続していたものとみなされます。

免許を失効もしくは病気等を理由に免許を取り消されて3年以上の場合

どのような理由があっても、免許証の交付は受けられません。

ただし、平成13年6月19日以前に「やむを得ない理由」が発生している方については、旧法の適用となり、3年以上経過していても理由が止んでから1ヶ月以内に手続きを行えば、学科・適性(理由が止んでから1ヶ月以内の合格)と講習を受講すれば免許証が交付されます。


※ 上記の場合、いずれの場合も免許取得日は、適性試験合格日になります。

交付のための手続き

1 必要書類

  • 住民票(本籍地が記載されているもの)  
    外国人の方は、国籍等を記載した住民票(仮住民票記載事項通知書は不可です。)
  • やむを得ない理由を証明する疎明資料(診断書、パスポート、出所証明書等)
  • 高齢者講習、チャレンジ講習の終了証明書(申請時に70歳以上の方)
  • 失効した免許証(県外の住所のまま紛失している場合は事前に連絡が必要です)
  • 写真1枚(3cm×2.4cm)ポラロイド不可。仮免許証対象者は2枚

※ 海外に在住していて住民登録がない方は、本籍地を証明するものとして、戸籍抄本(謄本)、戸籍の付票、除票(本籍の記載されたもの)等があり、住所地を証明するものとして、滞在先が両親や家族等の居住地であれば、滞在していることを証明するに足りる書類として滞在証明(下記様式)を作成し、申請時に提出してください。


※ 滞在証明の様式

滞在証明


 和歌山県公安委員会 殿


 私の長男
   交 通  太 郎
         昭和53年1月1日(27歳)

は、アメリカ合衆国に住んでいますが、現在帰国し、平成17年7月18日から同年8月30日までの間、私方

   和歌山市小松原通1丁目1番地の1

に滞在していることを証明します。


平成17年7月25日      

和歌山市小松原1丁目1番地の1 

交 通  一 郎  印

※ 記載する用紙はA4、B5は問いません。(便せんでも可)

※ 縦書き、横書きのいずれであっても可。

※ 滞在を証明していただく方(例文の場合、交通一郎さん)の住所がわかるもの(運転免許証(両面をコピーしたもの)、住民票等)を添付してください。

2 受付時間

○ 交通センター

平日の午前8時30分から午前9時まで及び午後1時から午後1時30分まで

○ 田辺運転免許センター
月・火・金曜日(祝日及び振替休日を除く)
午後1時から午後1時30分まで
水・木曜日(祝日及び振替休日を除く)
午前9時から午前9時30分まで及び午後1時から午後1時30分まで
○ 新宮運転免許センター
月・水曜日(祝日及び振替休日を除く)
午後1時から午後1時30分まで
火・木・金曜日(祝日及び振替休日を除く)
午前9時から午前9時30分まで及び午後1時から午後1時30分まで

※ 申請書類作成に時間がかかることから講習開始時間との兼ね合いもあり、交通センターで申請される場合は、できるだけ午前8時30分又は午後1時にお越しください。

※ 田辺運転免許センターで申請される場合も同様、できるだけ午前9時又は午後1時にお越しください。

※ 70歳未満で当日、講習を受講できない方は、申請を受理できません。

3 手数料

○ 申請手数料

免許種別ごとに下記の手数料が必要

普通一種・小特・原付  1,850円

その他の免許種別    1,900円

○ 交付手数料

2,050円(免許種別が複数の場合は種別ごとに+200円)

○ 講習手数料
条件によって受講する講習が異なり、手数料も変わります。

4 免許証の交付

交通センター、田辺運転免許センター及び新宮運転免許センターは即日交付。

ただし、免許証作成のシステム障害等により、後日交付となる場合があります。

橋本署、かつらぎ署、有田署、湯浅署、御坊署及び串本署(原付、小特免許のみ)は後日交付。

5 その他

質問、疑問がある場合は事前に運転免許課試験係に問い合わせてください。

和歌山県警察交通部運転免許課 TEL 073-473-0110