トップページ > 交通情報 > 高速道路ワンポイントアドバイス

高速道路 ワンポイントアドバイス

高速道路は、一般道と違います。

同じ感覚で運転していると、思わぬ事故に巻き込まれます。

必ず守ってほしい交通ルール

(高速安全運転5則)

  1. 安全速度を守る
  2. 十分な車間距離をとる
  3. 割り込みをしない
  4. 脇見運転をしない
  5. 路肩走行をしない

渋滞中の追突事故多発

渋滞中は、しっかり前の車の動きを見て、適切な車間距離を保ってください。

間隔があいてしまったと思って、急に追い上げると、先行車が思いもかけずに急停車したりすることがあります。

落下物は重大事故を起こす原因

  1. 積み荷はしっかりと固定して下さい。
  2. 積み荷は出発時、休憩時に再点検してください。
  3. 積み過ぎはしない、させない。

※ 落下物は、落とした人の責任が問われます。落下物を見かけたら、警察・道路管理者等に通報してください。

故障・トラブルの大半が基本的な点検ミス

高速道路における故障・トラブルの大半が、基本的な点検ミスです。

走行前に、燃料・タイヤの摩耗や空気圧・オイル・冷却水等を点検してください。

交通事故を起こした時は

  1. 路肩や非常駐車帯に車両を寄せ、後続車に合図を送る。

    ※ ハザードランプをつけ、停止表示板を出しましょう。

  2. やむを得ず車線上に停止し、移動できない場合は、速やかに警察や道路管理者に連絡する。

    ※ 110番通報や非常電話で通報する。停止表示板や発炎筒等を使用しましょう。

  3. 必要な措置をとった後は、安全な場所(ガードレールの外側など)に避難する。

    ※ 運転手も同乗者も、決して車線上に出ないようにしましょう。

  4. けが人がいる時は、119番通報を行い、人数やけがの程度などを知らせる。

    ※ 事故の発生場所、事故の状況などを連絡しましょう。

全席シートベルトを着用しましょう

高速道路では、後部座席の同乗者がシートベルト非着用で車外放出されるなど、多数の死者が出ています。

後部座席の同乗者も必ずシートベルトを着用してください。

SA・PA内で事故多発

サービスエリア・パーキングエリア内でも交通事故が多発しており、死亡事故も発生しています。サービスエリア等は、広く一見平坦に見えますが、必ずしも水平ではありません。

  1. 車を発進させる際は、歩行者の飛び出しに注意する。
  2. 子ども等が車の死角にいる場合があるので注意する。
  3. 停車の際は、サイドブレーキを正しくかける。
  4. 車道を横断する際は、必ず左右の確認を行う。

ETCゲート付近で事故発生

  1. ETC装着車は、カードの挿し忘れ等の無いよう確認してください。
  2. ETC装着車と一般車との車線変更やゲート通過時の速度の違いによる事故が発生しています。
    • ETC装着車は、ゲート付近では徐行する。
    • 一般車は、ETCレーンから車が来ていないかなど確認を行う。

走行中に大地震が発生したら

  1. 急ブレーキをかけずに、減速して左側路肩に停止し、エンジンを止める。
  2. トンネル坑口付近では、震度により崩落の危険がありますので、できる限りその場所を避けて停車する。
  3. ラジオなどで正確な道路・交通情報や地震情報を把握する。
  4. やむを得ず車を離れて避難するときは、
    • 窓ガラスをしっかり閉める
    • ドアロックはしない
    • エンジンキーは付けたままにする
    • 貴重品などは車内に残さない
    • あなたの連絡先がわかるようにする

「県高速安協」とはどんな団体ですか?

「和歌山県高速道路交通安全協議会」のことです。

本会には、運送・バス・タクシー会社など、高速道路等利用者および関連事業所が加盟しており、高速道路等における交通安全意識の高揚や交通事故の防止を図り、安全かつ円滑な交通の実現に寄与することを目的としています。

具体的な事業として、

を推進しています。

和歌山県警察本部 交通部 高速道路交通警察隊(本隊)


所在地:〒640-8305 和歌山市栗栖1038番地の2