トップページ > 交通情報 > 大規模災害時の交通規制について

大規模災害時の交通規制について

1 緊急交通路について

大規模な地震等が発生した場合、被災地域への救命活動や物資輸送を行う緊急通行車両や規制除外車両の通行を確保するため、事前に高速道路などの主要な道路を緊急交通路の予定路線として指定しています。

交通の混乱や事故を防止し、災害応急対策が円滑に行われるように、緊急交通路指定予定路線の優先順位に基づき、路線又は区間の通行禁止、制限を行い、緊急交通路を確保します。

緊急交通路に指定された路線は、緊急通行車両や規制除外車両以外は通行できません。

 

2 緊急通行車両・規制除外車両とは

緊急通行車両

規制除外車両

3 緊急通行車両、規制除外車両の事前届出制度について

緊急交通路の通行には、緊急通行車両確認証明書又は規制除外車両確認証明書と確認標章(以下「確認標章等」といいます。)が必要となり、災害発生後警察署等で交付手続きを行っていただくことになります。

しかし、災害発生直後は非常に混雑することが予想されることから、事前に届出を済ませておき、事前届出をしている車両の確認標章等の交付手続きを優先することで災害応急対策等を迅速に行うための制度です。

 

~緊急交通路として交通規制が行われたときは、次の措置をとるようお願いします。~

■ 速やかに車を緊急交通路以外の場所へ移動してください。

■ 速やかな移動が困難なときは、交差点などを避けて、できるだけ道路の左端に駐車するなど、緊急通行車両等の通行の妨害とならない方法により駐車してください。

■ 警察官の指示を受けたときは、その指示に従って車を移動又は駐車してください。


~ご協力をお願いします~

お問い合わせ先

警察本部交通規制課 073-473-0110(代表)