和歌山県警察 Wakayama Prefectural Police

  • 文字サイズ
きしゅう君
〒640-8588
和歌山市小松原通一丁目1番地1
電話:073-423-0110
トップページ > 安全な暮らし|子供の安全・少年サポートセンター > 少年サポートセンター

注目情報

事業者の方へ

リンク

少年サポートセンター

サポートセンターの活動

非行防止教室(キッズサポートスクール)

 和歌山県警察本部生活安全部少年課少年サポートセンターでは、平成14年度から“キッズサポートスクール”という非行防止教室を実施しています。
 これは規範意識の向上を目的として、「教育」と「警察」が連携して行うもので、和歌山県内の小学校・中学校を訪問し、クラスごとに数枚のパネルを用いて、担任教師とともに“正しく判断し、行動できる子”の育成を目指した授業を行います。
 実施対象学年は、小学校2年生、小学校5年生、中学校1年生となっています。
テキストは、実施対象学年に応じ、小学校2年生用(低学年)・小学校5年生用(高学年)・中学生用の3種類を用意しています。
 テキストの題材は、小学校2年生用を2つ、小学校5年生用及び中学生用をそれぞれ3つ用意し、実施する学校のクラスに適した題材を選んで頂いています。


 少年サポートセンターでは、高校1年生を対象にした非行防止教室も実施しています。
この非行防止教室は、和歌山県内の高等学校を訪問し、パワーポイントを用い、学年全体に対して行います。
詳細についてはこちらの をご覧ください。


子供悩み相談(こどもなやみそうだん)

 一人ひとり顔が違ように、心に抱える思いも違います。 同じ出来事が起おきても、「うれしい」「腹立だたしい」「悲しい」「楽しい」…など、受る思は違ってあたりまえです。
家の人ひと・先生・友だちなどに言いえない…と思っている“あなた”!「誰にも言えない」なんて一人で悩まないでください。
何もしなければ何も変りません。今からあなたの未来を変えていきましょう。
秘密は必かならず守ります。勇気を出だして相談してください。


和歌山県警察本部少年課 少年サポートセンター

少年サポートセンターでは、面接・電話・メールによる相談を受け付けています。
面接での相談は、事前に電話でご連絡ください。


ヤングテレホン・いじめ110番

TEL:073-425-7867

  • 面接・電話の相談日時:月曜から金曜日9:00~17:45
  • 夜間および土曜・日曜・祝日は警察本部の当直で対応しています。

メールアドレス:e8205001@pref.wakayama.lg.jp
QRコード

  • バーコードリーダー付携帯電話の場合上のQRコードからメールを送れます。
  • メールの受信設定をしている場合は、パソコンからのメールが届くよう、設定を変更してください。
  • 夜間および土曜・日曜・祝日のメール相談んは、受信のみとなります。
  • メールの返信は遅くなることがあります。

少年サポートセンターでは、保護者の方からの相談も受け付けています。
子供さんのことで心を痛めていることはありませんか?
大切な子供さんのことで悩んでいるなら、私たちに相談してください。
解決に向けて一緒に取り組みたいと思います。

街頭補導活動

 和歌山県警察では、非行を防止し、少年の健全な育成を図ることを目的として、少年の飲酒、喫煙、深夜はいかい等の不良行為や問題行動を早期発見できるよう、街頭補導を行っています。
 また、関係機関と連携を図り、少年が集まりやすい繁華街やゲームセンター、公園等を中心に、夜間街頭補導を実施しています。
 街頭補導によって少年を補導した場合、少年の保護者等に連絡し少年の観護を依頼しています。

きのくに・さわやかマナーアップキャンペーン

 少年サポートセンター及び警察署では、関係機関等と連携し、列車内や駅構内等での電車利用者等のマナー向上を呼び掛ける、街頭啓発活動「きのくに・さわやかマナーアップキャンペーン」を実施しています。
 このキャンペーンでは、和歌山県下各中学・高等学校の協力を得て、生徒たちがボランティア活動の一環として参加しています。
 参加してくれる生徒たちは毎回違いますが、誰もが大きな声で一生懸命、啓発に励んでくれています。最寄りの駅でこのキャンペーンを見かけたら、無視して通り過ぎたりせず、生徒たちの声に耳を傾けてください。

学生サポーター「ブロッサムリーダーズ」

 少年サポートセンターでは、過去に警察で関わりをもった少年の立ち直りを支援するため、また、少年の非行を防止するため、少年の社会参加活動や居場所づくり活動などを行っています。
 学生サポーター「ブロッサムリーダーズ」は、大学生・大学院生で構成された、和歌山県警察本部長委嘱のボランティアです。少年と年齢が近い「お兄さん」「お姉さん」的立場として、様々な活動に参加し、少年の立ち直りの手助けをしています。
 少年サポートセンターでは、一緒に活動してくれる、少年の非行防止に関心と熱意を持った大学生・大学院生の方を募集しています!


■活動内容

警察職員と一緒に、次の活動を行います。

  • 少年の居場所づくり活動(体験研修・レクリエーション等)
  • 少年の社会参加活動支援(街頭啓発活動・社会参加活動)

過去に実施した活動については をご覧下さい。



■学生サポーターの要件

学生サポーターの募集要件は以下のとおりです。

  • 和歌山県内の大学・大学院に在籍している学生、又は和歌山県内に居住している大学・大学院の学生である。
  • 少年非行防止に関心と熱意がある
  • 責任感がある
  • 心身共に健康である
学生サポーターとして活動することを心から希望してくれる方をお待ちしています!



■応募について

 春先に和歌山県内の各大学等において、説明会を実施しています。(説明会実施日時については、大学内の掲示板に掲示します。)
 学生サポーターとして活動することを希望する方は、その際配布する、学生サポーター申込書に記載の上、和歌山県警察本部生活安全部少年課まで提出してください。
 当課担当者が面接し、要件等を審査の上で決定します。
 和歌山県外の大学等に在籍の方や、説明会に出席できなかった方は、下記まで直接ご連絡ください。



■問合せ先

和歌山県警察本部生活安全部少年課 少年サポート係

  • 電話:073-423-0110(内線3067・3076)
  • mail:e8205001@pref.wakayama.lg.jp

※問合せ受付時間は月曜から金曜の9:00~17:45(祝日は非対応)となっています。

立ち直り支援活動

活動については をご覧下さい。


ページのトップへ戻る