和歌山県警察 Wakayama Prefectural Police

  • 文字サイズ
きしゅう君
〒640-8588
和歌山市小松原通一丁目1番地1
電話:073-423-0110
トップページ > 交通情報|交通事故防止 > ユニバーサル・セーフティ・パッケージ2018の推進について

注目情報

事業者の方へ

リンク

~ユニバーサル・セーフティ・パッケージ2018の推進について~

 


● ユニバーサル・セーフティ・パッケージ2018とは

 子供から高齢者まで「全ての人に安全を」をスローガンに平成29年から推進している交通事故抑止総合対策です。

  ◎ 重点
     ・ 子供と高齢者の交通事故防止
     ・ シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
     ・ 飲酒運転の根絶

【推進中の主な施策】

  
● 子供を対象とした交通安全教育の充実
 子供の交通事故防止に関しては、幼い時期からの交通安全教育が極めて重要であるため、小学校、幼稚園、保育所、こども園に対する交通安全教育について、県内全ての子供に等しく同じ交通安全教育を施すという観点から、全ての教育施設に対する交通安全教育の100%実施に向けて取り組んでいます。
  
  ● 戸別訪問による高齢運転者に対する交通安全指導

 高齢運転者を対象に戸別訪問を実施し、高齢者の交通事故発生状況や交通事故防止のための留意点などの交通安全指導を行うとともに、運転に不安を感じている高齢運転者に対しては、その家族とも面接して運転免許自主返納制度の概要を教示するなどの取組を推進しています。
 また、運転免許を持たない高齢者が安心して暮らせる社会の構築に向け、県や市町村をはじめとした関係機関・団体、企業への働きかけを行い、交通手段の確保に向けた取組を推進しています。

運転免許の自主返納(申請取消)について詳しく知りたい方はココをクリックして下さい
 

  ● 衣料品店と連携した「反射材普及ピカッとキャンペーン」
 年末にかけて多発が予想される薄暮時間帯や夜間の重大交通事故を抑止することを目的に、株式会社パーティハウスと連携し反射材の普及促進を図るため、各店舗に「反射材コーナー」を設け、反射材付きの衣服や帽子の展示販売を行っています。
反射材普及ピカッとキャンペーン



  ● 飲酒運転根絶に向けた電柱看板の設置
 民間団体等の協力を得て、田辺市「味光路」地区に飲酒運転根絶を目的とした電柱巻き付け型の看板を設置しました。
 ※ 平成29年には、和歌山市「新内」地区にも同様の看板を設置しています。
飲酒運転根絶に向けた電柱看板の設置





和歌山県警察本部 交通部 交通企画課 安全対策係
所在地:〒640-8524 和歌山市西1番地


ページのトップへ戻る