和歌山県警察 Wakayama Prefectural Police

  • 文字サイズ
きしゅう君
〒640-8588
和歌山市小松原通一丁目1番地1
電話:073-423-0110
トップページ > 和歌山県公安委員会 > 定例会議の開催結果 > 最近の開催結果 > 令和2年4月16日

注目情報

事業者の方へ

リンク

令和2年4月16日

定例会議の開催結果

第1 日時
   令和2年4月16日(木) 午前10時00分~午前11時15分

第2 出席者
 1 公安委員会側
   中野委員長、竹田委員、細江委員

 2 県警察側
   本部長、警務部長、生活安全部長、刑事部長、交通部長、警備部長、首席監察官、情報通信部長、総務課長
   
第3 議事の概要
 1 報告事項
(1) 一般職員初任科生卒業式の実施について
  警務部長から、一般職員初任科生卒業式の実施について報告があった。

(2) 令和2年度の監察実施計画について
  首席監察官から、令和2年度の監察実施計画について報告があった。
   
(3) 異動期における随時監察の結果について
  首席監察官から、異動期における随時監察の結果について報告があった。

(4) 和歌山県の犯罪情勢(令和2年3月末暫定値)について
  生活安全部長から、和歌山県の犯罪情勢(令和2年3月末暫定値)について報告があった。
関係資料1
関係資料2
関係資料3
係資料4
(5) 警察官等騙りの特殊詐欺未遂事件被疑者の検挙について
  刑事部長から、警察官等騙りの特殊詐欺未遂事件被疑者の検挙について報告があった。          

(6) 郵送による運転及び更新可能期間延長措置の実施について
  交通部長から、郵送による運転及び更新可能期間延長措置の実施について報告があった。
関係資料5
また、追加報告として警備部長から、県警における新型コロナウイルス感染対策等について報告があった。

   各部長の報告終了後、中野委員長から
「新型コロナウイルス感染症の影響で、『3つの密』が重なるような場所への外出の自粛、特に繁華街の接客を伴う飲食店等への外出の自粛について、強く要請されております。気を引き締めて対応するようお願いします。
交通関係についてですが、高齢者の交通事故対策については、世界各国でいろいろな取組があるようです。高齢者が運転できる時間を制限したり、速度を制限したり、移動できる範囲を制限したりしている国があります。
また、高齢者だけではなく、免許を取得して間もない若い方に事故が多いことから、免許を取得して一定期間以上経過した方が同乗しないと運転できないという制限を設けている国もあるようです。
このように世界各国で事故を起こさせない取組が考えられています。日本においても高齢化が進む中、いろいろな対策を考えていかなければいけないと思います。」
旨の発言があった。
   
   竹田委員から
「先程、警察職員が新型コロナウイルスに感染した場合の対策等について説明があり、非常に安心しました。
警察職員の感染原因が不適切な振る舞いによるものであれば、一般企業以上に厳しく非難されることになりますから、そうしたことのないよう十分注意していただきたいと思います。
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、今は官民あげて頑張らないといけないときですから、警察も一丸となって、是非その先陣を切っていただきたいと思います。」
旨の発言があった。

   細江委員から
「新型コロナウイルスの問題が大きくなってきて、学校も休校になる等、生活も普段と大きく変わってきています。普段とは違った生活で、ストレスがたまってDV等、家庭内の犯罪も増えてくると考えられますので、対応をお願いします。
また、今まで予想もしなかったような事件事故が起きたりすることも考えられますので、犯罪情勢に変化などがあれば、報告するようにお願いします。」
旨の発言があった。

   本部長から
「今回の道路交通法の改正案で、高齢運転者の免許について、安全補助装置がついた車に限定する条件も盛り込まれております。
新型コロナウイルス対策については、まずは感染をしないということが大切であります。今のところ県警察職員の感染はありませんが、発熱等の症状がある場合などは無理をさせずに休ませるようにしていますし、また、感染が疑われる者    と接触した職員にあっては、症状がなくとも一定期間自宅待機をするなどの措置を執っています。
警察署などで感染者が確認され、出勤できない職員が多く出てくれば、本部の職員を警察署に応援派遣し、警察の業務に支障がないようにしていきます。
県警でも在宅勤務ができるようにしましたが、今後、県内での感染が拡大していくことがあった場合、警察の業務を継続させるため、在宅勤務制度も活用して各警察署、本部の人員を縮小して業務を継続していくといった対応をしていきま    す。」
旨の発言があった。
 2 決裁事項・専決処理事項等報告
(1) 交通規制の実施について
  交通規制の実施について報告があり、審議した結果、原案どおり決定した。

(2) 和歌山県道路交通法施行細則の一部を改正する規則について
  和歌山県道路交通法施行細則の一部を改正する規則について報告があり、審議した結果、原案どおり決定した。

(3) 公安条例事務取扱状況報告
  公安条例事務取扱状況について報告があった。

(4) 運転免許の行政処分について
  運転免許の取消しに係る意見の聴取結果について説明があり、審議した結果、行政処分を決定した。

(5) 苦情申出に対する調査結果等について
  苦情申出に対する調査結果等について報告があり、審議した結果、原案どおり決定した。

ページのトップへ戻る