和歌山県警察 Wakayama Prefectural Police

  • 文字サイズ
きしゅう君
〒640-8588
和歌山市小松原通一丁目1番地1
電話:073-423-0110
トップページ > 安全な暮らし|次代に対応する和歌山県警察を考える懇話会 >次代に対応する和歌山県警察を考える懇話会の開催結果

注目情報

事業者の方へ

リンク

次代に対応する和歌山県警察を考える懇話会の開催結果

第1回 開催結果

1 開催日時場所
 (1) 日時
    平成30年7月2日(月)午後1時から午後2時50分までの間
 (2) 場所
    ホテルアバローム紀の国5階「カトレア」の間
2 出席者
 (1) 委員
    足立委員、西平委員、柏原委員、勝本委員、吉澤委員
 (2) 警察
    警察本部長、警務部長、警務部参事官・警務課長、警務課企画室長等
3 協議テーマ
  「高齢者対策」(高齢万引き犯、高齢者交通事故)
4 議事(要旨)
 (1) 委嘱式等
   本部長から委員5名に対し、委嘱状を交付した後、足立委員を座長、西平委員を副座長にそれぞれ選出した。
 (2) 本部長からパワーポイントにより、和歌山県の状況、治安情勢及び高齢者対策等の説明を行った。
   「高齢者の万引き対策」について、各委員からは、
  • 「生活支援センター」や「ま~る」(和歌山県地域生活定着支援センター)との繋がり、警察官の見守り(関わり)等が有効であり、現在、推進している取組を一層進めていくことが必要である。    
  • 明石市では、市・警察・民間一体の更生支援(つなぐ、ささえる、ひろげる)を行っており、参考にしてはどうか。
等の意見が出され、「高齢者の交通事故対策」については、
  • 身体機能の低下を自覚する機会を増やして、免許の自主返納に繋げていけばいいのではないか。   
  • 車を持つよりタクシーを利用する方が、効率的で経済的な場合もあるので、そのような広報もしてみてはどうか。   
  • カーナビ機能を活用した視覚と音声による注意喚起等は有効であると思うので、事業所へ働き掛けてはどうか。
等の意見が出された。

第2回 開催結果

1 開催日時場所
 (1) 日時
    平成30年9月3日(月)午後1時から午後3時15分までの間
 (2) 場所
    和歌山県自治会館3階305号
2 出席者
 (1) 委員
    足立委員、西平委員、柏原委員、勝本委員、吉澤委員
 (2) 警察
    警察本部長、警務部長、警務部参事官・警務課長、警務課企画室長等
3 協議テーマ
  「新たな事案への対応」(人身安全関連事案、特殊詐欺、サイバー犯罪)
  「物的基盤の強化」(公判を見据えた客観証拠の収集)
  「危機管理対策」(テロ、自然災害)
4 議事(要旨)
  警察本部長からパワーポイントにより、各協議テーマに関する説明を行い、
 各委員からは以下の意見が出された。
 (1) 新たな事案への対応について
  • 児童虐待は事件が起こる前に対応することが大事である。異常な泣き声を聞けば、児童相談所に簡単に連絡できる全国統一番号もPRするべきである。    
  • 児童虐待、DV、ストーカー事案への対応は、全国の警察や児童相談所、女性相談所等との情報共有や連携が大事であり、被害者と加害者との関係調整等を考えると、弁護士会や法テラス等との連携も必要である。    
  • 特殊詐欺の被害を防止するについては、被害者になりそうな人の家を訪問して注意喚起することが効果的ではないか。    
  • 電話機に取り付けて「録音します。」というようなガイダンスが流れる機器があるようだが、特殊詐欺の被害防止に役立つのではないか。    
  • 架空請求等の相談窓口には消費生活センターもある。同センターとの連携とPRも必要ではないか。    
  • 公的機関からのメールに似せて不正プログラムが送られてきたりする。インターネットを使用する機器の更新やセキュリティの強化を図っていく必要がある。    
  • サイバー犯罪は、今後も増加する可能性があるので、捜査に使用する機器の充実と専門的な捜査員の育成強化を図るべきである。
 (2) 物的基盤の強化について
  • 裁判を考えると客観証拠が非常に重要となる。防犯カメラの映像が決め手となって犯人を検挙することが多くなっている。自治体、民間、警察が協力して防犯カメラの増設を進めていくべきである。    
  • DNA型鑑定や顔画像識別等、科学的な証拠を活用していく必要がある。そのための機器等を積極的に導入するべきである。
 (3) 危機管理対策について   
  • 警察ヘリが1機しかないのだから、ドローンをもう少し増強整備するべきである。災害により交通渋滞等が起こった場合、直ちに警察官が現場に出動できるシステムを作っておくべきではないか。

第3回 開催結果

1 開催日時場所
 (1) 日時
    平成30年11月28日(水)午後1時から午後3時までの間
 (2) 場所
    和歌山県自治会館3階305号
2 出席者
 (1) 委員
    足立委員、柏原委員、勝本委員、吉澤委員
 (2) 警察
    警察本部長、警務部長、警務部参事官・警務課長、警務課企画室長等
3 協議テーマ
   「人的基盤の強化(人材確保、若手育成、女性活躍)」
   「地域とのつながり」
4 議事(要旨)
  警察本部長からパワーポイントにより、各協議テーマに関する説明を行い、各委員からは以下の意見が出された。
 (1) 人的基盤の強化について
 ア 人材確保(受験者獲得)   
  • 警察官が巡回して、住民ともっと接触することで、警察官自身も信頼されているという自覚を持つことができ、その姿は回り回って警察官という職業への憧れにつながるのではないか。   
  • 警察官の乗る自転車等を若者に受け入れやすいような、親しみやすいものに できないものか。見た目の魅力も大切である。   
  • 犯罪の検挙率が向上し、交通事故が減少しているなど、治安が改善されている良い面もアピールすれば、受験者が増えるのではないか。
 イ 若手育成
  • 新人に専属の先輩をつけて、日常業務のほか、私生活の相談もできる体制を作ってみてはどうか。   
  • 離職を防止するために、メンタル面でのサポートを強化する必要がある。
 ウ 女性活躍   
  • 海外では、働くことに男女の差はなく、技術、営業等の現場で活躍している。 施設面も含め、女性の働きやすい環境づくりを進めて、もっと女性の活躍を推進すべきではないか。   
  • 女性警察官を目指す人にとって、モデルケースとなる女性の存在を知ることは非常に重要であるので、もっとその点を広報すべきではないか。
 (2) 地域とのつながりについて   
  • 定型的な書類作成等は、再任用者等に任せたり、AIや防犯カメラ等の活用による業務の合理化・省力化等を進めるなどして、事務を軽減し、警察官は、地域活動等の本来業務に当たるべきである。   
  • 人口が減少したからといって、交番等の警察官を減らすというのは問題である。 逆に形を変えて犯罪が増える可能性もある。   
  • 警察が地域社会に密着し、民生委員、自治会、警察署協議会等との情報交換を更に深めることにより、地域力が向上していくのではないか。

第4回 開催結果

1 開催日時場所
 (1) 日時
   平成31年2月4日(月)午後1時から午後2時30分までの間
 (2) 場所
   和歌山県自治会館3階305号
2 出席者
 (1) 委員
   足立委員、西平委員、柏原委員、勝本委員、吉澤委員
 (2) 警察
   警察本部長、警務部長、警務部参事官・警務課長、警務課企画室長等
3 議事(要旨)
 (1) 警察本部長からパワーポイントにより、過去3回の会議における委員発言の取りまとめの
   説明を行うとともに、「高齢者対策(万引き防止)」及び「新たな事案への対応(効果的な広報啓発方法)」に関する意見を求めたところ、各委員から以下の意見が出された。
  ア 高齢者対策       イ 新たな事案への対応      (2) 引き続き、警察本部長から「限られた人員による組織運営」について説明を行い、各委員からは以下の意見が出された。      などの意見が出された。

ページのトップへ戻る