和歌山県警察 Wakayama Prefectural Police

  • 文字サイズ
きしゅう君
〒640-8588
和歌山市小松原通一丁目1番地1
電話:073-423-0110
トップページ > 交通情報|各種お知らせ > 安全運転管理者による運転前後の運転者に対する酒気帯びの有無確認の義務化について

注目情報

事業者の方へ

リンク

安全運転管理者による運転前後の運転者に対する酒気帯びの有無確認の義務化について

令和4年4月から改正道路交通法施行規則により、安全運転管理者の義務として運転前後の運転者に対する酒気帯びの有無確認等が義務化されています。


令和4年4月1日施行

【記録用紙の一例】

ダウンロードは記録用紙をクリックしてください。(Excel)

令和4年10月1日施行予定であった

につきましては機器の供給不足等により当分の間適用しないことになりました。
(あくまでも検知器の使用のみであり、酒気帯び確認は引き続き行う必要があります。また、できるだけ早期にアルコール検知器を入手し、入手できた事業所においては検知器を用いた確認を行うことによって飲酒運転の防止に努めてください。)

よくあるご質問(Q&A)

義務化される安全運転管理者の義務等に関するQ&Aはここをクリックしてください(PDF)
(Q&A内にも記載している令和4年10月1日からの検知器を用いた酒気帯び確認については、上記のとおり当分の間適用しないことになりました。

ページのトップへ戻る